8月, 2018 Archives

東洋のマチュピチュ(旧別子銅山・東平ゾーン)①

8月 19th, 2018 Permalink

“東洋のマチュピチュ”と呼ばれている旧別子銅山の東平(とうなる)ゾーンへ行ってきました。 標高が750mあり,1916(大正5)年から1930(昭和5年)まで採鉱本部が置かれ,社宅や学校・病院・娯楽場などもあり,最盛期に […]

“東洋のマチュピチュ”と呼ばれている旧別子銅山の東平(とうなる)ゾーンへ行ってきました。
標高が750mあり,1916(大正5)年から1930(昭和5年)まで採鉱本部が置かれ,社宅や学校・病院・娯楽場などもあり,最盛期には約4000人の銅山関係者らが住んでいました。
現在は銅山や生活関連施設の遺構が一部残されています。

自家用車でも来れますが,道幅は狭く,行きにくい場所ですし,「マイントピア別子」(愛媛県新居浜市・端出場ゾーン)からガイド付の観光バスが出ているのでこれを利用しました。
東平まではバスで25分かかります。
まずは,選鉱場貯鉱庫あとです。

 


ペルセウス座流星群~夏の大三角と流星~

8月 14th, 2018 Permalink

13日夜11時過ぎ,空を見上げると,雲がほとんどありませんでした。 これはペルセウス座流星群をねらうチャンスと思い,自宅庭にカメラを持ち出し,天頂付近にカメラを向けました。 2時間あまり連続撮影をしましたが,写っていたの […]

13日夜11時過ぎ,空を見上げると,雲がほとんどありませんでした。
これはペルセウス座流星群をねらうチャンスと思い,自宅庭にカメラを持ち出し,天頂付近にカメラを向けました。
2時間あまり連続撮影をしましたが,写っていたのはたった1コマでした。
薄雲があり,コントラストもイマイチです。

 


《撮影データ》
2018,8.14
X-E1+SAMYANG12mm F2→2.8 ISO2000 15秒 画像処理あり

ペルセウス座流星群(過去分)

8月 13th, 2018 Permalink

ペルセウス座流星群の撮り頃ですが,雲が邪魔して撮ることができません。 今年は月明かりがない好条件なのですが,今夜も無理そうです。 少しでも雲が晴れる時間帯があれば,狙ってみたいとは思っているのですが・・・。 さみしいので […]

ペルセウス座流星群の撮り頃ですが,雲が邪魔して撮ることができません。
今年は月明かりがない好条件なのですが,今夜も無理そうです。
少しでも雲が晴れる時間帯があれば,狙ってみたいとは思っているのですが・・・。
さみしいので過去の画像をアップしてみよっと!

 



《撮影データ》
2017,8.13
撮影地:神石高原町




《撮影データ》
2016,8.13
撮影地:大山




《撮影データ》
2013,8.12-13
撮影地:四国カルスト

CMOSカメラで撮る月面写真(コペルニクス付近)

8月 2nd, 2018 Permalink

7月31日,火星を撮影した後,期待したほどの結果でなかったので物足りず月を撮影することにしました。 10cmクラスでも結構撮り甲斐があります。 一番大きなクレーターは,コペルニクスです。   《撮影データ》 2 […]

7月31日,火星を撮影した後,期待したほどの結果でなかったので物足りず月を撮影することにしました。
10cmクラスでも結構撮り甲斐があります。
一番大きなクレーターは,コペルニクスです。

 


《撮影データ》
2018,7.31
ED100sf+フリップミラー+IR/UVカットフィルター+ASI224MC(ZWO) 赤道儀による追尾撮影
2423フレーム 50%スタック 周辺を一部トリミング

火星の大接近~撮ってみたけど!

8月 1st, 2018 Permalink

15年ぶりの火星の最接近とあって,初めて火星の撮影に挑戦。 火星の軌道は楕円になっており,「近い最接近」と「遠い最接近」があり,今回は「近い最接近」です。 「遠い最接近」では地球との距離が1億km以上ですが,「近い最接近 […]

15年ぶりの火星の最接近とあって,初めて火星の撮影に挑戦。
火星の軌道は楕円になっており,「近い最接近」と「遠い最接近」があり,今回は「近い最接近」です。
「遠い最接近」では地球との距離が1億km以上ですが,「近い最接近」は6000kmより近づきます。
撮影の好機ということで狙ってみましたが,期待したほどではなかったかな。
10cmクラスだとこの程度なのでしょうか?


《撮影データ》
2018,7.31
ED100sf+フリップミラー+パワーメイト×2.5+ADC+IR/UVカットフィルター+ASI224MC(ZWO) 赤道儀による追尾撮影
3946フレーム 50%スタック トリミングなし