Category: SLやまぐち号

1年ぶりの「SLやまぐち号」(2/2)

5月 8th, 2019 Permalink

下り列車は,白井で狙うことに。 カーブから出たところを正面気味に,その後はサイド狙いをイメージしてマニュアルフォーカスで撮影しましたが,ピントを合わせきれず,失敗。 風も依然強く,煙はグルグル巻き。最悪の結果となってしま […]

下り列車は,白井で狙うことに。
カーブから出たところを正面気味に,その後はサイド狙いをイメージしてマニュアルフォーカスで撮影しましたが,ピントを合わせきれず,失敗。
風も依然強く,煙はグルグル巻き。最悪の結果となってしまいました。

 



1年ぶりの「SLやまぐち号」(1/2)

5月 7th, 2019 Permalink

新月期を狙って,光害の影響が少ないと思われる恐羅漢に星撮りのプチ遠征に出かけました。 ところが薄雲がほとんど晴れることなく,成果がほとんど得られませんでした。 そこで,昼間は時間が空くので「SLやまぐち号」を狙いに山口へ […]

新月期を狙って,光害の影響が少ないと思われる恐羅漢に星撮りのプチ遠征に出かけました。
ところが薄雲がほとんど晴れることなく,成果がほとんど得られませんでした。
そこで,昼間は時間が空くので「SLやまぐち号」を狙いに山口へ行くことにしました。
でも,2日目は風が強く,煙が巻いて「やまぐち号」を覆ってしまい,散々な結果に。

 


SLやまぐち号(D51+C56重連)②

5月 7th, 2018 Permalink

SLやまぐち号のD51+C56重連の下り列車の撮影ポイントとして,津和野~船平山間の白井へ。 3時間前に現地へ着いたため,長門峡ほど場所取りには苦労しませんでした。 通過時間が近づくにつれ,カメラマンは次第に増え,最終的 […]

SLやまぐち号のD51+C56重連の下り列車の撮影ポイントとして,津和野~船平山間の白井へ。
3時間前に現地へ着いたため,長門峡ほど場所取りには苦労しませんでした。
通過時間が近づくにつれ,カメラマンは次第に増え,最終的には300人近くになったでしょうか。
ただ,ここでも煙が巻いてしまい,C56が目立たなくなってしまいました。

 

SLやまぐち号(D51+C56重連)①

5月 6th, 2018 Permalink

5月6日,C56が山口線での最後の運行となり,前日の5日にはD51+C56重連で運行されるということで,写友と共に2年ぶりに山口へ。 かなりのカメラマンが殺到すると予想し,車を駐車できる場所が確保できそうなポイントとして […]

5月6日,C56が山口線での最後の運行となり,前日の5日にはD51+C56重連で運行されるということで,写友と共に2年ぶりに山口へ。
かなりのカメラマンが殺到すると予想し,車を駐車できる場所が確保できそうなポイントとして,長門峡(下り)白井(上り)を選択。
2時間前には場所取りができるだろうと思い,長門峡に着くと駐車場はほとんど埋まり,カメラマンの列が何重にもできているではありませんか。
いい場所が見つからず,先客の三脚と三脚のすきまに何とか入らせてもらって三脚をセッティングできました。
それにしても300人以上はいたでしょうか。10数年,山口線に来ていますが,このような状態は初めてです。
まずは,長門峡での画像です。
煙がもう少し上に上がってくれたら良かったのですが・・・。

 


雨中のSLやまぐち号②

5月 11th, 2015 Permalink

春のSLやまぐち号の最終回は,サイドの動輪狙いです。 望遠の三脚固定撮影から手持ち撮影用のカメラに持ち替えての撮影ですが,咄嗟の対応なのでなかなか思うようにいきませんでした。 9月に,「旧型客車復刻」新型客車が投入される […]

春のSLやまぐち号の最終回は,サイドの動輪狙いです。
望遠の三脚固定撮影から手持ち撮影用のカメラに持ち替えての撮影ですが,咄嗟の対応なのでなかなか思うようにいきませんでした。

9月に,「旧型客車復刻」新型客車が投入されるとのこと。
この新型客車の導入にあわせて,停車駅の新山口・仁保・地福・津和野各駅が改修され,地福駅の駅舎は「昭和初期レトロ調」に改修される予定。
仁保駅はホームの待合室を移設し,SLやまぐち号が急勾配を控えて準備作業を行っているところを見学できるスペースが確保されるとのこと。
撮影の楽しみが増えるので秋に再訪したいと思います。

 

D5300_0061[1]

 

D5300_0062[1]

 

D5300_0065[1]
《撮影データ》2015,5.3 長門峡~三谷(山口線)

雨中のSLやまぐち号①

5月 9th, 2015 Permalink

2日目は,前日の五月晴れとはうって変わって,朝から雨模様。 事前の撮影計画の変更を余儀なくされ,写欲も減退気味に。 晴れていれば,山中のポイントに入ろうと思っていましたが,あきらめて車からの距離が近いポイントにしました。 […]

2日目は,前日の五月晴れとはうって変わって,朝から雨模様。
事前の撮影計画の変更を余儀なくされ,写欲も減退気味に。
晴れていれば,山中のポイントに入ろうと思っていましたが,あきらめて車からの距離が近いポイントにしました。
気温が低かったので煙が白っぽく,爆煙状態でとても迫力がありました。

 

DSC_0121[1]

 

DSC_0138[1]

 

DSC_0140[1]

 

《撮影データ》2015,5.3 長門峡~三谷(山口線)