Category: 天体写真

ウィルタネン彗星 撮影チャンス!(2)

12月 12th, 2018 Permalink

ウィルタネン彗星を標準レンズで撮った後,中望遠レンズで狙ってみました。 レンズを交換する際,赤道儀のクラッチノブの締まりが悪かったのか,少しブレてしまいました。 もう少し露光時間をかけたかったのですが,30秒に止めたので […]

ウィルタネン彗星を標準レンズで撮った後,中望遠レンズで狙ってみました。
レンズを交換する際,赤道儀のクラッチノブの締まりが悪かったのか,少しブレてしまいました。
もう少し露光時間をかけたかったのですが,30秒に止めたので中途半端な画像になってしまいました。
15~17日にはプレアデス星団に接近するのでもう一度撮影したいと思います。
今度はしっかりした赤道儀で200mm程度の望遠で狙ってみたいと思います。
「ふたご座流星群」の出現が多い時期なのでこちらも狙ってみようと思います。

 


【元画像】



【トリミング画像】


《撮影データ》
2018,12.10
D750(HKIR改)+SAMYANG135mm F2→F3.2 ISO2500 30秒×10コマの彗星基準コンポジット(加算平均) SkymemoS追尾撮影 画像処理あり

ウィルタネン彗星 撮影チャンス!(1)

12月 11th, 2018 Permalink

ウィルタネン彗星が増光し,プレアデス星団(すばる)に近づきあり,久々の星空になったので狙ってみることにしました。 事前にステラナビゲーターでウィルタネン彗星の位置を確認し,まずは標準レンズで撮影しました。 フルサイズの5 […]

ウィルタネン彗星が増光し,プレアデス星団(すばる)に近づきあり,久々の星空になったので狙ってみることにしました。
事前にステラナビゲーターでウィルタネン彗星の位置を確認し,まずは標準レンズで撮影しました。

フルサイズの50mmレンズでプレアデス星団とウィルタネン彗星が収まる写角です。
光害の影響が比較的少ない場所だったので肉眼でもボヤーとした感じで確認できました。
今月15~17日にはさらにプレアデス星団に近づくので,今度は望遠レンズで狙ってみたいと思います。200mm程度なら両方が収まります。

 


《撮影データ》
2018,12.10
D750(HKIR改造)+50mm F1.8→F2.2 ISO2500 30秒×20コマのコンポジット(加算平均) SkymemoS追尾撮影

満月の拡大撮影に挑戦③

11月 26th, 2018 Permalink

バローレンズ×2.5倍を使った場合,合成焦点距離2,250mmではこの程度の拡大になります。 もっと拡大しようと思えば,アイピースを使った拡大撮影をしないといけないのか。 デジタル一眼の動画撮影をするか,CMOSカメラに […]

バローレンズ×2.5倍を使った場合,合成焦点距離2,250mmではこの程度の拡大になります。
もっと拡大しようと思えば,アイピースを使った拡大撮影をしないといけないのか。
デジタル一眼の動画撮影をするか,CMOSカメラによる動画撮影をするか,どちらがいい結果が出るのかやってみようと思います。
どちらにせよ拡大率が上がると,ハードルは少し上がりそうです。

 


《撮影データ》
2018,11.23
ED100sf+フリップミラー+パワーメイト×2.5+Tリングアダプター+Tリング+D7200 SX2赤道儀による追尾 ISO200 1/500秒×11コマのコンポジット(加算平均) 画像処理:Stellaimage8

満月の拡大撮影に挑戦②

11月 25th, 2018 Permalink

月の中央部を拡大撮影しました。 中央部の大きなクレーターは「コペルニクス」で直径が約90kmあります。 左上のうさぎのような形に見えるのは,上が「晴れの海」で,下が「静かの海」です。 「コペルニクス」の上にある黒っぽいと […]

月の中央部を拡大撮影しました。
中央部の大きなクレーターは「コペルニクス」で直径が約90kmあります。
左上のうさぎのような形に見えるのは,上が「晴れの海」で,下が「静かの海」です。
「コペルニクス」の上にある黒っぽいところは「雨の海」です。

 

《撮影データ》
2018,11.23
ED100sf+フリップミラー+パワーメイト×2.5+Tリングアダプター+Tリング+D7200 SX2赤道儀による追尾 ISO200 1/500秒×23コマのコンポジット(加算平均) 画像処理:Stellaimage8

満月の拡大撮影に挑戦①

11月 25th, 2018 Permalink

11月23日は満月。澄みきった夜空に満月がくっきりと見えました。 いい条件なので以前からやってみようと思っていた月の拡大撮影に挑戦。 拡大撮影にはいろいろな方法がありますが,今回やってみたのはバローレンズを使った撮影です […]

11月23日は満月。澄みきった夜空に満月がくっきりと見えました。
いい条件なので以前からやってみようと思っていた月の拡大撮影に挑戦。
拡大撮影にはいろいろな方法がありますが,今回やってみたのはバローレンズを使った撮影です。
計画では,デジタル一眼で動画撮影をしようと思っていましたが,うまくいかず静止画の撮影に切り換えました。
満月はのっぺりして見えるのですが,画像処理をしたのでまずまずの結果でした。
月の下の方に見えるクレーターは「ティコ」で直径が約85Kmあります。

 

《撮影データ》
2018,11.23
ED100sf+フリップミラー+パワーメイト×2.5+Tリングアダプター+Tリング+D7200 SX2赤道儀による追尾 ISO200 1/400秒×25コマのコンポジット(加算平均) 画像処理:Stellaimage8

望遠でねらうh-χ(エイチ・カイ)二重星団

11月 14th, 2018 Permalink

最後に狙ったのはペルセウス座のh-χ(エイチ・カイ)二重星団です。 全天で一番美しい二重星団と言われているので狙ってみました。 青白い星々の中にオレンジ色の星があるのですが,今の私の技量では表現できません。   […]

最後に狙ったのはペルセウス座のh-χ(エイチ・カイ)二重星団です。
全天で一番美しい二重星団と言われているので狙ってみました。
青白い星々の中にオレンジ色の星があるのですが,今の私の技量では表現できません。

 

【元画像】


《撮影データ》
撮影日:2018,11.10
撮影地:福山市北部
71FL+マルチレデューサー0.7×DGT+D750(HKIR改造) 288mm F4 ISO2500 25秒×25コマのコンポジット(加算平均) SX2ノータッチ追尾 画像処理あり(StellaImage8+Photoshop CS5)


【トリミング画像】


上の星団がNGC869(h),下の星団がNGC884(χ)でしょう。