桜まもなく見頃か!(服部大池)

3月 29th, 2020 Permalink

前回の撮影から2日が経過,服部大池の桜の開花が進み,2~6分咲きになっていました。 4月初旬には見頃を迎えることでしょう。  

前回の撮影から2日が経過,服部大池の桜の開花が進み,2~6分咲きになっていました。
4月初旬には見頃を迎えることでしょう。

 

さくら咲く!(服部大池)

3月 27th, 2020 Permalink

今年は桜の開花が早そうなのでふらっと服部大池(福山市駅家町)に行ってみました。 蛇円山からの寒風が吹き抜けるためか,街中と比べると1~2日開花が遅い感じですが,1~2分咲きといったところでしょうか。 土日には3分咲ぐらい […]

今年は桜の開花が早そうなのでふらっと服部大池(福山市駅家町)に行ってみました。
蛇円山からの寒風が吹き抜けるためか,街中と比べると1~2日開花が遅い感じですが,1~2分咲きといったところでしょうか。
土日には3分咲ぐらいになるでしょう。
ぼんぼりも取り付けられているので夜桜見物もできます。
いよいよ待ちに待った桜シーズンの到来です。

カメラを持参していなかったのでスマホで撮影しました。

 

春分の日の「だるま朝日」

3月 20th, 2020 Permalink

田尻(福山市)での「だるま朝日」の撮影ラストチャンス?と思い,撮影に向かいました。 雲がほとんどなく,細い月も残っていました。 「カシミール3D」でシミュレーションした撮影ポイントへ。 ところが,太陽が出る辺りに大きな船 […]

田尻(福山市)での「だるま朝日」の撮影ラストチャンス?と思い,撮影に向かいました。
雲がほとんどなく,細い月も残っていました。
「カシミール3D」でシミュレーションした撮影ポイントへ。
ところが,太陽が出る辺りに大きな船が停泊しており,予定したポイントから少し北に移動して日の出を待ちました。
ギリギリ大槌島を咬むことなく「だるま朝日」をGetすることができました(雲が少しかかり,白とびしています)。

 


《撮影データ》
2020,3.20
45EDⅡ+×1.4テレコン+K-70(683mm相当) ISO400 1/640秒 露出補正:-0.7 画像仕上がり:リバーサル 若干のトリミングあり


シミュレーションした最初の撮影ポイントから大型船を撮影(移動しなかったら太陽は隠れてしまいます)


【カシミール3Dによるシミュレーション画像(500mm)】

散開星団「プレセペ星団」(M44)

3月 18th, 2020 Permalink

SKYMEMOSに45EDⅡを搭載してどの程度写るのか二度目のお試し撮影です。 前回は,SKYMEMOS+自由雲台+45EDⅡで20秒程度の露光時間で撮影。 今回は,SKYMEMOS+片持ちフォーク式マウント+45EDⅡ […]

SKYMEMOSに45EDⅡを搭載してどの程度写るのか二度目のお試し撮影です。
前回は,SKYMEMOS+自由雲台+45EDⅡで20秒程度の露光時間で撮影。
今回は,SKYMEMOS+片持ちフォーク式マウント+45EDⅡ(下の写真)で30秒まで撮影できました。
ただ,バランスが悪いのかシャッターブレが起こりやすく,さらに天頂付近の天体はカメラと片持ちフォークが干渉して撮影できません。
改善策を探ってみたいと思いますが,ポタ赤では広角~中望遠ぐらいのカメラ+レンズで星野写真を撮るのがベターなのかもしれません。

 

【元画像】

 


【トリミング画像】

《撮影データ》
2020,3.18
45EDⅡ+レデューサー+D5500(HKIR)342mm ISO1600 SKYMEMOSで追尾撮影 30秒×25コマの加算平均コンポジット 画像処理あり


【SKYMEMOS+45EDⅡ撮影システム】

 

鞆の浦まち歩き(4/4)

3月 9th, 2020 Permalink

最後は,港の風景です。 朝鮮通信使が訪れた江戸時代の鞆の港はどんな感じだったのでしょうか。 なかなかイメージすることはできませんが,通信使の一行約2千人が訪れたのですからさぞ賑わったことでしょう。  

最後は,港の風景です。
朝鮮通信使が訪れた江戸時代の鞆の港はどんな感じだったのでしょうか。
なかなかイメージすることはできませんが,通信使の一行約2千人が訪れたのですからさぞ賑わったことでしょう。

 




鞆の浦まち歩き(3/4)

3月 8th, 2020 Permalink

「鞆の津の商家」をあとにして,街中をブラブラしながら「太田家住宅」と「魚屋萬蔵宅」へ。   【太田家住宅】     【魚屋萬蔵宅】 幕末の「いろは丸事件」で,坂本龍馬が紀州藩と談判を行った町 […]

「鞆の津の商家」をあとにして,街中をブラブラしながら「太田家住宅」と「魚屋萬蔵宅」へ。

 

【太田家住宅】

 

 


【魚屋萬蔵宅】

幕末の「いろは丸事件」で,坂本龍馬が紀州藩と談判を行った町家。
現在は,旅館として使われており,アニメ映画監督の宮崎駿さんのデザインを取り入れたステンドグラスが目をひきます。