鳥居と天の川(3/4)

5月 22nd, 2018 Permalink

撮影終了間際に縦構図で撮影しましたが,収まりが悪く,横位置の方がいいですね。   《撮影データ》 2018,5.20 D5500(HKIR改造)+SIGMA10-20mm(12mm) F3.5→F4 ISO25 […]

撮影終了間際に縦構図で撮影しましたが,収まりが悪く,横位置の方がいいですね。

 


《撮影データ》
2018,5.20
D5500(HKIR改造)+SIGMA10-20mm(12mm) F3.5→F4 ISO2500 15秒 プロソフトンフィルターA 三脚固定撮影 画像処理あり(Photoshop CS5+Color Efex Pro2)

鳥居と天の川(2/4)

5月 21st, 2018 Permalink

今回の天の川の撮影では2台体制で,1台はソフトフィルターを装着,もう1台はソフトフィルター無しで撮影しました。 前回投稿記事の画像は,ソフトフィルターを装着したのもですが,今回の投稿記事の画像はソフトフィルターは装着して […]

今回の天の川の撮影では2台体制で,1台はソフトフィルターを装着,もう1台はソフトフィルター無しで撮影しました。
前回投稿記事の画像は,ソフトフィルターを装着したのもですが,今回の投稿記事の画像はソフトフィルターは装着していません。
やはりソフトフィルターがない方が天の川が明瞭でいいですねー!
プロソフトンフィルターAは滲みすぎて,天の川の撮影には適してないような気がします。
ソフトフィルター無しで天の川を撮影した方が良さそうかな。

 


《撮影データ》
2018,5.20
X-E1 SAMYANG12mm F2→F3.5 ISO3200 20秒 WB:4500K 三脚固定撮影 画像処理あり(Photoshop CS5+Color Efex Pro2

鳥居と天の川(1/4)

5月 20th, 2018 Permalink

梅雨の走りのような天気が続いていましたが,久しぶりの快晴ということで天の川の撮影に浦崎へ。 前回の昨年9月は,雲がかかり,不満足な結果だったので今回は期待をもって出かけました。 22時頃には雲がとれ,肉眼でも天の川が見え […]

梅雨の走りのような天気が続いていましたが,久しぶりの快晴ということで天の川の撮影に浦崎へ。
前回の昨年9月は,雲がかかり,不満足な結果だったので今回は期待をもって出かけました。
22時頃には雲がとれ,肉眼でも天の川が見えるようになりました。
鳥居の上に天の川がかかるのは午前1時頃でしたが,潮位が約350cmと高く,0:30頃には砂浜が狭められ,撮影続行ができずイメージした絵にはなりませんでした。
鳥居の上の明るい星は,木星です。

 


《撮影データ》
2018,5.20
D5500(HKIR改造)+SIGMA10-20mm(12mm) F3.5→F4 ISO2500 15秒 プロソフトンフィルターA 三脚固定撮影 画像処理あり(Photoshop CS5+Color Efex Pro2)

SLやまぐち号(D51+C56重連)②

5月 7th, 2018 Permalink

SLやまぐち号のD51+C56重連の下り列車の撮影ポイントとして,津和野~船平山間の白井へ。 3時間前に現地へ着いたため,長門峡ほど場所取りには苦労しませんでした。 通過時間が近づくにつれ,カメラマンは次第に増え,最終的 […]

SLやまぐち号のD51+C56重連の下り列車の撮影ポイントとして,津和野~船平山間の白井へ。
3時間前に現地へ着いたため,長門峡ほど場所取りには苦労しませんでした。
通過時間が近づくにつれ,カメラマンは次第に増え,最終的には300人近くになったでしょうか。
ただ,ここでも煙が巻いてしまい,C56が目立たなくなってしまいました。

 

SLやまぐち号(D51+C56重連)①

5月 6th, 2018 Permalink

5月6日,C56が山口線での最後の運行となり,前日の5日にはD51+C56重連で運行されるということで,写友と共に2年ぶりに山口へ。 かなりのカメラマンが殺到すると予想し,車を駐車できる場所が確保できそうなポイントとして […]

5月6日,C56が山口線での最後の運行となり,前日の5日にはD51+C56重連で運行されるということで,写友と共に2年ぶりに山口へ。
かなりのカメラマンが殺到すると予想し,車を駐車できる場所が確保できそうなポイントとして,長門峡(下り)白井(上り)を選択。
2時間前には場所取りができるだろうと思い,長門峡に着くと駐車場はほとんど埋まり,カメラマンの列が何重にもできているではありませんか。
いい場所が見つからず,先客の三脚と三脚のすきまに何とか入らせてもらって三脚をセッティングできました。
それにしても300人以上はいたでしょうか。10数年,山口線に来ていますが,このような状態は初めてです。
まずは,長門峡での画像です。
煙がもう少し上に上がってくれたら良かったのですが・・・。

 


ありがとう! 衣笠祥雄さん!!

5月 2nd, 2018 Permalink

広島2日目,原爆ドームで撮影した後,旧広島市民球場跡地にある「勝鯉の森」を訪れました。 ここには先日亡くなられた,衣笠祥雄さんの2215試合連続試合出場の顕彰碑や,カープリーグ優勝,初の日本シリーズ優勝記念碑があります。 […]

広島2日目,原爆ドームで撮影した後,旧広島市民球場跡地にある「勝鯉の森」を訪れました。
ここには先日亡くなられた,衣笠祥雄さんの2215試合連続試合出場の顕彰碑や,カープリーグ優勝,初の日本シリーズ優勝記念碑があります。
一番の目的は,衣笠祥雄さんの顕彰碑を訪れることでした。
碑の前には花が供えられ,ひっきりなしにファンが訪れていました。

1979年8月,巨人戦で西本投手のデッドボールで肩を骨折するも,翌日代打で出場し,フルスイングで3球三振。
試合後,「1つ目はファンのため,2つ目は自分のため,3つ目は西本君のため」というコメントを残した。
また,1979年の日本シリーズ第7戦,9回無死満塁のピンチを背負い,投手交代の準備の動きを見て,江夏投手は冷静さを失う。
それを察した衣笠選手は江夏投手のもとに行き,声かけをした。江夏投手は,衣笠選手の笑顔と白い歯を見て,冷静さを取り戻し,最後近鉄の石渡を三振に仕留め,カープは初の日本一に輝いた。

衣笠選手のレリーフを見ると,さまざまな秘話や功績が思い出されます。
いつまでも心に残る野球選手です。