Category: 鯉が窪湿原

鯉が窪湿原の花

7月 17th, 2011 Permalink

あまりの暑さに山口行きを断念。早朝の湿原の花を撮りに新見市哲西町の鯉が窪湿原へ。 鯉が窪湿原は「西の尾瀬」とよばれている湿原で,夏場を中心に約300種類の花が咲きます。 とくにオグラセンノウやビッチュウフウロなどは,氷河 […]

あまりの暑さに山口行きを断念。早朝の湿原の花を撮りに新見市哲西町の鯉が窪湿原へ。
鯉が窪湿原は「西の尾瀬」とよばれている湿原で,夏場を中心に約300種類の花が咲きます。
とくにオグラセンノウビッチュウフウロなどは,氷河期,日本が大陸と陸続きであったころ,中国東北部や朝鮮,日本の各地に広く分布していたと考えられる植物が,その後の温暖化によりほとんどが消滅していく中,かろうじて生きのびている残留植物です。
残念ながらビッチュウフウロはまだ咲いていませんでした。
今回は4度目となりますが,年々笹やヨシが生い茂り,花が見えにくくなっているようです。

koigakubo_0070[1]
オグラセンノウ(ナデシコ科)

koigakubo_0199[1]

koigakubo_0094[1]
クサレダマ(サクラソウ科)

koigakubo_0111[1]
ノハナショウブ(アヤメ科)
koigakubo_0118[1]
ヤマジノホトトギス(ユリ科)
koigakubo_0137[1]
シモツケソウ(バラ科)

koigakubo_0174[1]
キキョウ(キキョウ科)