Category: 鞆の浦

対潮楼朝鮮通信使関係史料~ユネスコ記憶遺産登録

3月 16th, 2018 Permalink

3月10日,鞆公民館で「朝鮮通信使」に関する史料がユネスコの記憶遺産に登録されたのを記念して講演が行われました。 岡山大学の倉地克直先生が,朝鮮通信使,登録された史料,登録に至る経緯,登録の意義などについて話されました。 […]

3月10日,鞆公民館で「朝鮮通信使」に関する史料がユネスコの記憶遺産に登録されたのを記念して講演が行われました。
岡山大学の倉地克直先生が,朝鮮通信使,登録された史料,登録に至る経緯,登録の意義などについて話されました。
登録された史料は,日韓合わせて111件・333点(うち日本は,48件209点)で,鞆では福禅寺対潮楼所蔵の関係史料14作品が登録されました。
鞆公民館での講演後,場所を対潮楼に移し,広島大学の佐藤大志先生が,「朝鮮通信使の漢詩~朗読と解説」と題し,講演されました。
中国人,韓国人留学生の朗読があり,興味深く聞き入りました。中国語でも韓国語でも響きがほぼ同じなのには驚きでした。

対潮楼には,通信使行列を復元した模型が展示されていました。

朝鮮通信使は,江戸時代1607年~1812年まで12回,朝鮮から日本に送られた友好親善使節で,鞆には11回立ち寄っています。
漢城(現在のソウル)出発し,釜山を経由して対馬・壱岐を経て,瀬戸内海を通り,淀川を川船で遡って京都から陸路江戸まで行きました。
広島県では,蒲刈と鞆,岡山県では牛窓に立ち寄り,往復で8~10か月を要しました。
一行は約500人,中心は三使(正使・副使・従事官)で,鞆では福山藩が対潮楼で接待し,文化交流も行われました。
対潮楼にある「日東第一形勝」(朝鮮より東で一番すばらしい景勝地という意味)という扁額の元の題字は,従事官の李邦彦(リ・バンオン)が書いたものです。
李邦彦が書いた「日東第一形勝」の題字は,記憶遺産に登録された史料の1つです。

 





鞆ぶらーり散策(3/3)

3月 16th, 2018 Permalink

3月10日は,「鞆・町並みひな祭り」の開催中で,「鞆の津の商家」に展示されているお雛さんを見に行きました。 ひな祭りは,3月18日(日)が最終日です。  

3月10日は,「鞆・町並みひな祭り」の開催中で,「鞆の津の商家」に展示されているお雛さんを見に行きました。
ひな祭りは,3月18日(日)が最終日です。

 




鞆ぶらーり散策(2/3)

3月 14th, 2018 Permalink

大可島城跡をあとにして港に降りました。 細い路地や港の漁船や雁木・常夜灯は鞆らしい風景です。   力石(港で荷物の積み下ろしをする仲仕たちが力比べをして,神社に奉納した石)   ベンガラを塗った格子戸 […]

大可島城跡をあとにして港に降りました。
細い路地や港の漁船や雁木・常夜灯は鞆らしい風景です。

 



力石(港で荷物の積み下ろしをする仲仕たちが力比べをして,神社に奉納した石)

 


ベンガラを塗った格子戸(澤村船具店)

 

鞆ぶらーり散策(1/3)

3月 13th, 2018 Permalink

3月10日鞆公民館で,「朝鮮通信使」が2017年10月にユネスコ記憶遺産に登録されたのを記念して講演会があり,聞きに行きました。 少し早く着いたので鞆の町を少し散策しました。 最初に行ったのは,圓福寺・大可島城跡です。 […]

3月10日鞆公民館で,「朝鮮通信使」が2017年10月にユネスコ記憶遺産に登録されたのを記念して講演会があり,聞きに行きました。
少し早く着いたので鞆の町を少し散策しました。
最初に行ったのは,圓福寺・大可島城跡です。
南北朝時代の古戦場跡で,「いろは丸事件」の際,紀州藩の宿舎になったところです。
猫が寄ってきて,迎えてくれました。

 




夕暮れの鞆の浦(3/3)

10月 22nd, 2011 Permalink

鞆の街を撮り歩き,最後にライトアップされた弁天島を撮影して帰りました。 日没から1時間ぐらい経っていたので,次はもう少し早い時間に撮ってみたいと思います。 夕暮れ時の鞆の浦は,昼間とは違った,落ち着いた雰囲気があります。 […]

鞆の街を撮り歩き,最後にライトアップされた弁天島を撮影して帰りました。
日没から1時間ぐらい経っていたので,次はもう少し早い時間に撮ってみたいと思います。
夕暮れ時の鞆の浦は,昼間とは違った,落ち着いた雰囲気があります。
撮影に適した時間帯は限られるので,次回は場所も絞って,じっくり撮影してみたいと思います。

tomonoura_7103[1]  福山城の長屋門を移築した岡本保命酒店
明治になって移築されました。

tomonoura_7113[1]
アール・デコ風の「天ぷら」建築を残す「有光軒」
1921(大正10)年築の2階建て町家を,1932(昭和7)年にアール・デコ風の外観
をもつ3階建ての床屋に改造されました。現在は喫茶店として利用されています。

tomonoura_7135[1]  鞆漁港の夕暮れ

tomonoura_7148[1]
港には走島からの船が入ってきました。

tomonoura_7179[2]   ライトアップされた弁天島
鞆の浦の町並みや寺院・建造物については,『日本の宝 鞆の浦を歩く』(南々社) が詳しいです。
鞆の浦の地図は,http://www.rgh.co.jp/sightseeing/img/tomonouramap.pdf  が参考になります。

夕暮れの鞆の浦(2/3)

10月 17th, 2011 Permalink

港付近のかつての「浜蔵」と夕暮れの港の写真を紹介します。 港の夕焼け空には綿雲が浮かび,秋らしい風景です。 海鼠壁の残るかつての浜蔵 浜蔵は港湾の倉庫で,現存する浜蔵は7棟です。 太田家住宅/鞆七卿落遺跡 旧保命酒屋の太 […]

港付近のかつての「浜蔵」と夕暮れの港の写真を紹介します。
港の夕焼け空には綿雲が浮かび,秋らしい風景です。

tomonoura_7046[1]
海鼠壁の残るかつての浜蔵
浜蔵は港湾の倉庫で,現存する浜蔵は7棟です。

tomonoura_7064[1] 太田家住宅/鞆七卿落遺跡
旧保命酒屋の太田家。幕末には尊王攘夷を主張する三条実美ら7人の公卿が,公武合体派によって都を追放され,長州に下る途中に立ち寄りました。

tomonoura_7078[1]
江戸時代の常夜灯

tomonoura_7084[1]

tomonoura_7085[1]  秋の夕暮れと鞆港