Category: 星雲・星団

M65&M66(銀河系外星雲)を撮ったけど・・・

3月 28th, 2019 Permalink

R200SSの三度目のテスト撮影。 ブレの原因を特定し,オートガイドに挑戦しようと思い,光害の影響の少ない郊外へ。 鏡筒のバランスとクランプ類のゆるみなどを気を付けてセッティングしましたが,前回同様少しブレがありました。 […]

R200SSの三度目のテスト撮影。
ブレの原因を特定し,オートガイドに挑戦しようと思い,光害の影響の少ない郊外へ。
鏡筒のバランスとクランプ類のゆるみなどを気を付けてセッティングしましたが,前回同様少しブレがありました。
どうもシャッターを切った際のミラーショックが原因ではないかと思われます。
途中,DC電源ケーブルの接触不良なのかスターブック・コントローラーの操作ができなくなったり,高度クランプが緩んでいたりして,結局オートガイドは中止。
四苦八苦して,「ばら星雲」とM65&M66を短時間撮影して終了。
まずは,「しし座」の後ろ足付近にあるM65&M66(渦巻銀河)です。
上の星雲がNGC3628,下左がM66,下右がM65です。

 


《撮影データ》
2019,3.26
R200SS+コマコレクター3+LPS-P2+直焦ワイドアダプター60DX+D750(HKIR改) SX2赤道儀による追尾撮影 ISO6400 30秒×10コマのコンポジット(加算平均)
トリミング&画像処理あり。

夜空に咲くバラ(ばら星雲)

3月 10th, 2019 Permalink

R200SSの2回目のテスト撮影で,オリオン大星雲を撮影した後,「ばら星雲」を狙ってみました。 機材の設置とオリオン大星雲の撮影に手間取ったため,「ばら星雲」を撮影する時間は少ししかありませんでした。 10コマほど撮影し […]

R200SSの2回目のテスト撮影で,オリオン大星雲を撮影した後,「ばら星雲」を狙ってみました。
機材の設置とオリオン大星雲の撮影に手間取ったため,「ばら星雲」を撮影する時間は少ししかありませんでした。
10コマほど撮影しましたが,半分はブレがあり,結局4コマのコンポジットしかできませんでした。
撮影後,カメラの液晶ビューで画像を確認したら,うっすらと赤っぽく写っている程度でしたが,帰宅して現像してみると,「赤いばら」が浮かび上がってきました。
初めて撮影することができ,感動ものでした。
次回の撮影では,時間をかけてじっくり狙ってみたいと思います。

【ばら星雲】
「ばら星雲」は,いっかくじゅう座に位置する散光星雲です。
オリオン座のペテルギウスからこいぬ座のプロキオン方向に向かって,1/3程行ったところにあります。

 


《撮影データ》
2019,3.8
R200SS+コマコレクター3+LPS-P2+直焦ワイドアダプター60DX+D750(HKIR改) SX2赤道儀による追尾撮影 ISO3200 60~120秒×4コマのコンポジット(加算平均) 画像処理あり
周辺減光があるため周辺部をトリミングしています。

オリオン大星雲を撮れたけど・・・

3月 9th, 2019 Permalink

久々に雲のない夜空。 中古で購入したR200SSのテスト撮影を行う絶好のチャンスとあって,自宅よりは光害の影響が少ない郊外へ。 前回3月4日にテスト撮影したときは,星が二重に写っており,原因がわからなかったので購入先の天 […]

久々に雲のない夜空。
中古で購入したR200SSのテスト撮影を行う絶好のチャンスとあって,自宅よりは光害の影響が少ない郊外へ。
前回3月4日にテスト撮影したときは,星が二重に写っており,原因がわからなかったので購入先の天文ショップに問い合わせをしました。
今回は,原因と思われる箇所をチェックしながら撮影した結果,改善されましたが,まだ完全とはいえません。
どうもシャッターショックによる鏡筒ブレがあるように思われます。鏡筒のバランスも悪いのかもしれません。
さらに改善をめざしてテスト撮影が必要かな。


【元画像】


【拡大画像】(トリミング)


【拡大画像】(トリミング)


《撮影データ》
2019,3.8
R200SS+コマコレクター3+LPS-P2+直焦ワイドアダプター60DX+D750(HKIR改) SX2赤道儀による追尾撮影
ISO800 60秒×6コマ,30秒×7コマ,5秒×4コマのコンポジット(加算平均) 画像処理あり

望遠でねらうh-χ(エイチ・カイ)二重星団

11月 14th, 2018 Permalink

最後に狙ったのはペルセウス座のh-χ(エイチ・カイ)二重星団です。 全天で一番美しい二重星団と言われているので狙ってみました。 青白い星々の中にオレンジ色の星があるのですが,今の私の技量では表現できません。   […]

最後に狙ったのはペルセウス座のh-χ(エイチ・カイ)二重星団です。
全天で一番美しい二重星団と言われているので狙ってみました。
青白い星々の中にオレンジ色の星があるのですが,今の私の技量では表現できません。

 

【元画像】


《撮影データ》
撮影日:2018,11.10
撮影地:福山市北部
71FL+マルチレデューサー0.7×DGT+D750(HKIR改造) 288mm F4 ISO2500 25秒×25コマのコンポジット(加算平均) SX2ノータッチ追尾 画像処理あり(StellaImage8+Photoshop CS5)


【トリミング画像】


上の星団がNGC869(h),下の星団がNGC884(χ)でしょう。

望遠でねらう北アメリカ星雲

11月 11th, 2018 Permalink

昨夜は写友3人が集まり,赤道儀2台でミニ撮影会。 私は望遠(288mm)で星雲や星団を狙ってみました。 赤道儀に長めの望遠を載せて撮るのは初めてだったのでセッティングに手間取りました。 北アメリカ星雲,アンドロメダ大星雲 […]

昨夜は写友3人が集まり,赤道儀2台でミニ撮影会。
私は望遠(288mm)で星雲や星団を狙ってみました。
赤道儀に長めの望遠を載せて撮るのは初めてだったのでセッティングに手間取りました。
北アメリカ星雲,アンドロメダ大星雲,プレアデス星団,h-χ(エイチ・カイ)二重星団の順で撮影していきました。
北アメリカ星雲を現像してみると,ピントも若干甘めで,少しだけ流れていました。
71FL+マルチレデューサー
0.7×DGT+フルサイズ一眼では周辺減光があるので補正してみました。

 


《撮影データ》
撮影日:2018,11.10
撮影地:福山市北部
71FL+マルチレデューサー0.7×DGT+D750(HKIR改造) 288mm F4 ISO3200 25秒×7コマのコンポジット(加算平均) SX2ノータッチ追尾 画像処理あり(StellaImage8+Photoshop CS5)

星雲撮影に初挑戦!

3月 5th, 2013 Permalink

満月も過ぎ,快晴の星空に恵まれたので星雲撮影に初挑戦しました。 今月中旬からのパンスターズ彗星の撮影に備えて,今は星雲撮影で練習です。 初めての挑戦なので時間も1~2分止まり。赤道儀の仕様では200mmで5分。手持ちの機 […]

満月も過ぎ,快晴の星空に恵まれたので星雲撮影に初挑戦しました。
今月中旬からのパンスターズ彗星の撮影に備えて,今は星雲撮影で練習です。
初めての挑戦なので時間も1~2分止まり。赤道儀の仕様では200mmで5分。手持ちの機材は,BORG 45EDⅡ+マルチレデューサー×0.7+D5000で約340mm。購入先の店員の話では,2分が限度とのこと。
2分以上は無理なのかどうか,試してみたいと思います。

M42_20130303_01[1]                             オリオン座・M42
                        人工天体が写り込んでしまいました。

撮影データ:2013年3月3日  1分×3(ISO1250)  LPS-P2フィルター使用  画像処理・トリミングなし