Category: 星野写真

望遠でねらうh-χ(エイチ・カイ)二重星団

11月 14th, 2018 Permalink

最後に狙ったのはペルセウス座のh-χ(エイチ・カイ)二重星団です。 全天で一番美しい二重星団と言われているので狙ってみました。 青白い星々の中にオレンジ色の星があるのですが,今の私の技量では表現できません。   […]

最後に狙ったのはペルセウス座のh-χ(エイチ・カイ)二重星団です。
全天で一番美しい二重星団と言われているので狙ってみました。
青白い星々の中にオレンジ色の星があるのですが,今の私の技量では表現できません。

 

【元画像】


《撮影データ》
撮影日:2018,11.10
撮影地:福山市北部
71FL+マルチレデューサー0.7×DGT+D750(HKIR改造) 288mm F4 ISO2500 25秒×25コマのコンポジット(加算平均) SX2ノータッチ追尾 画像処理あり(StellaImage8+Photoshop CS5)


【トリミング画像】


上の星団がNGC869(h),下の星団がNGC884(χ)でしょう。

望遠でねらうプレアデス星団

11月 14th, 2018 Permalink

おうし座のプレアデス星団です。和名はすばる。冬を代表する星団です。 肉眼でも数個の星を目視できます。 星が流れる心配があったので短めの露光にしたので星の写りはイマイチです。   【元画像】 【トリミング画像】 […]

おうし座のプレアデス星団です。和名はすばる。冬を代表する星団です。
肉眼でも数個の星を目視できます。
星が流れる心配があったので短めの露光にしたので星の写りはイマイチです。

 

【元画像】


【トリミング画像】


《撮影データ》
撮影日:2018,11.10
撮影地:福山市北部
71FL+マルチレデューサー0.7×DGT+D750(HKIR改造) 288mm F4 ISO2500 25秒×16コマのコンポジット(加算平均) SX2ノータッチ追尾 画像処理あり(StellaImage8+Photoshop CS5)

望遠でねらうアンドロメダ大星雲

11月 12th, 2018 Permalink

北アメリカ星雲の次に狙ったのがアンドロメダ大星雲。 秋を代表する星雲で,肉眼でもボヤーと見えます。 この画像も少し流れています。 極軸合わせの精度だけでなく,ウェイトのバランスの問題もあるのか!? 鏡筒の向く方向によって […]

北アメリカ星雲の次に狙ったのがアンドロメダ大星雲
秋を代表する星雲で,肉眼でもボヤーと見えます。
この画像も少し流れています。
極軸合わせの精度だけでなく,ウェイトのバランスの問題もあるのか!?
鏡筒の向く方向によってウェイトバランスの調整を行った方がいいらしい。

 


【元画像】

 



【トリミング画像】

《撮影データ》
撮影日:2018,11.10
撮影地:福山市北部
71FL+マルチレデューサー0.7×DGT+D750(HKIR改造) 288mm F4 ISO1600 60秒×12コマのコンポジット(加算平均) SX2ノータッチ追尾 画像処理あり(StellaImage8+Photoshop CS5)

望遠でねらう北アメリカ星雲

11月 11th, 2018 Permalink

昨夜は写友3人が集まり,赤道儀2台でミニ撮影会。 私は望遠(288mm)で星雲や星団を狙ってみました。 赤道儀に長めの望遠を載せて撮るのは初めてだったのでセッティングに手間取りました。 北アメリカ星雲,アンドロメダ大星雲 […]

昨夜は写友3人が集まり,赤道儀2台でミニ撮影会。
私は望遠(288mm)で星雲や星団を狙ってみました。
赤道儀に長めの望遠を載せて撮るのは初めてだったのでセッティングに手間取りました。
北アメリカ星雲,アンドロメダ大星雲,プレアデス星団,h-χ(エイチ・カイ)二重星団の順で撮影していきました。
北アメリカ星雲を現像してみると,ピントも若干甘めで,少しだけ流れていました。
71FL+マルチレデューサー
0.7×DGT+フルサイズ一眼では周辺減光があるので補正してみました。

 


《撮影データ》
撮影日:2018,11.10
撮影地:福山市北部
71FL+マルチレデューサー0.7×DGT+D750(HKIR改造) 288mm F4 ISO3200 25秒×7コマのコンポジット(加算平均) SX2ノータッチ追尾 画像処理あり(StellaImage8+Photoshop CS5)

北アメリカ星雲(実写テスト)

11月 5th, 2018 Permalink

GP2赤道儀を写友に譲るにあたって使い方の説明と実写テストをしてみました。 最初は5D MARKⅡで,次に7Dで撮影してみました。 5Dで10数枚撮影しましたが,星が少し流れていました。原因がわからないまま,次に7Dに付 […]

GP2赤道儀を写友に譲るにあたって使い方の説明と実写テストをしてみました。
最初は5D MARKⅡで,次に7Dで撮影してみました。
5Dで10数枚撮影しましたが,星が少し流れていました。原因がわからないまま,次に7Dに付け替えようとしたとき,バッテリーボックスから電池が少し浮き上がっていることに気づき,きちっとはめ込んで撮影してみました。すると,ほとんど星は流れていませんでした。
時間が無かったので3枚だけ撮影。その3枚をコンポジットしたのがこの画像です。
最高に澄みきった星空だったので天の川や北アメリカ星雲がよく写っています。CLSフィルターを取り付けていたのでより鮮明です。
レンズは,40mmパンケーキレンズ,中古で1万円ぐらい,おもちゃのようなレンズですが,これだけ写ります。

 


《撮影データ》
撮影日:2018,11.4 
撮影地:福山市北部
7D+40mm(35mm判換算:60mm) F2.8→F3.2~3.5 ISO2500~3200 30秒~60秒 CLSフィルター GP2追尾撮影 画像処理あり(StellaImage8+Photoshop CS5)

”夏の大三角”(再現像)

10月 17th, 2018 Permalink

現像はステライメージ,Photoshop,NX2を単独で,あるいは複数を組み合わせて行っていますが,なかなか思うような表現ができません。 「夏の大三角」は,納得がいかなかったので再現像してみましたが,この画像もいまひとつ […]

現像はステライメージ,Photoshop,NX2を単独で,あるいは複数を組み合わせて行っていますが,なかなか思うような表現ができません。
夏の大三角」は,納得がいかなかったので再現像してみましたが,この画像もいまひとつ納得がいきません。
あの手この手でやってみるしかないんでしょうね。
Skymemoのテストは,露光時間が最長で1分程度だったのでもう少し長い時間でのテスト撮影にもチャレンジしてみたいと思っています。

 


《撮影データ》
2018,10.13/撮影地:美星町
D5500(HKIR改造)+28mm(35mm換算:42mm) F1.8→F3.2 ISO800~1000 30秒×22コマのコンポジット(加算平均) プロソフトンフィルターA skymemoS 追尾撮影 画像処理あり