Category: 平和メモリアル

68年目の広島(2/3)~被爆電車

8月 5th, 2013 Permalink

現在,広島市内では被爆電車が2両現役で活躍しています。 原爆投下によりほとんどが破壊され,焼失しましたが,4両が修復され,復活しました。 4両のうち,1両は交通科学館に,もう1両は休車状態に,残り2両が現在も運行していま […]

現在,広島市内では被爆電車が2両現役で活躍しています。
原爆投下によりほとんどが破壊され,焼失しましたが,4両が修復され,復活しました。
4両のうち,1両は交通科学館に,もう1両は休車状態に,残り2両が現在も運行しています。
路面電車は原爆投下3日後に復活し,652号(1942年製造)は8月中に修復され運行しました。復活した電車は被爆者に元気を与えました。

この時期,被爆電車は貸切にされ,電車内では被爆者が子どもたちに被爆体験を伝えています。

genbaku_0630[1]
genbaku_0627[1]


genbaku_0631[1]

68年目の広島(1/3)~原爆ドーム

8月 4th, 2013 Permalink

この時期,毎年原爆ドームや平和公園などを訪れ,平和について考えるようにしています。 今年は被爆68周年,被爆者の平均年齢も78歳となり,被爆体験の継承が課題になっています。 「my blog」でも写真をとおして平和につい […]

この時期,毎年原爆ドームや平和公園などを訪れ,平和について考えるようにしています。
今年は被爆68周年,被爆者の平均年齢も78歳となり,被爆体験の継承が課題になっています。
「my blog」でも写真をとおして平和について発信していきたいと思っています。

1回目は,原爆ドームです。
原爆ドームの上に特徴的な綿雲がかかっていました。

↓ 横位置の画像は,画像の上でclickすると拡大します。
genbaku_0595[1]
genbaku_0614[1]原爆ドームの南西の角に被爆瓦が置いてありました。爆心地付近にいた人は数千度の高熱のため蒸発したといわれています。

genbaku_0580[1]この時期,原爆ドームや平和公園では親子連れを多く見かけます。

まもなく67年目の8月6日(2/2)

8月 5th, 2012 Permalink

広島ではこの時期,様々な集会やイベントが行われています。また,被爆電車が走ったり,灯ろう流しが行われたり,様々です。 普段なかなか来れないのですが,この時期は足が向きます。 広島からの帰りに書店に寄ってみると,『日本の世 […]

広島ではこの時期,様々な集会やイベントが行われています。また,被爆電車が走ったり,灯ろう流しが行われたり,様々です。
普段なかなか来れないのですが,この時期は足が向きます。
広島からの帰りに書店に寄ってみると,『日本の世界遺産~原爆ドーム』(朝日新聞出版,580円)を売っていたので買って帰りました。
 原爆ドームについては,HP(http://www.city.hiroshima.lg.jp/toshiseibi/dome/)をご覧下さい。 

洋式庭園の噴水(中庭)


まもなく67年目の8月6日(1/2)

8月 4th, 2012 Permalink

まもなく広島は67年目の原爆の日を迎えます。 本日8月4日に広島に行く機会がありましたので,原爆ドームに行ってみました。 原水禁大会などに参加するために来た,県外の団体をあちらこちらで見かけました。 福島の原発事故から1 […]

まもなく広島は67年目の原爆の日を迎えます。
本日8月4日に広島に行く機会がありましたので,原爆ドームに行ってみました。
原水禁大会などに参加するために来た,県外の団体をあちらこちらで見かけました。

福島の原発事故から1年5か月,未だに多くの人たちが福島県内や県外で避難生活を送っています。加えて放射線被曝による健康への影響に不安を抱きながら生活しています。原発事故が収束して,ふるさとに帰ることができるのはいつになるのでしょうか。



玄関ホール
入ってすぐに玄関ホールがあり,2階への階段がありましたが,その面影はありません。

まもなく8月6日!

8月 4th, 2011 Permalink

まもなく広島は66年目の8月6日を迎えます。 今年は特別の感慨で平和記念公園を訪れました。福島での原発事故による放射能汚染が拡大しているからです。 原発事故関連の新聞記事や本を読むにつけ,改めて放射線の恐ろしさを実感しま […]

まもなく広島は66年目の8月6日を迎えます。
今年は特別の感慨で平和記念公園を訪れました。福島での原発事故による放射能汚染が拡大しているからです。
原発事故関連の新聞記事や本を読むにつけ,改めて放射線の恐ろしさを実感しました。
被爆者の「二度とヒバクシャをつくってほしくない」という願いを胸に刻み,原爆遺跡や碑をめぐりながら原爆・フクシマについて考えてみたいと思います。
平和公園及びその周辺の碑については,「平和記念公園・周辺ガイド」(平和記念資料館)をご覧下さい。

genbakudomu_0228[1]

genbakudomu_0222[1]
ドームの上に虹が架かっていました。
平和を願っているかのようです。

genbakudomu_0239[1]

genbakudomu_0289[1]
8月6日夜には,原爆ドームの対岸で灯籠流しが行われます。

jisenji_0269[1]
被爆した墓石(慈仙寺あとの墓石)
爆心地から200mm,爆風で吹き飛ばされた墓石(広島藩御年寄・岡本宮内のもの)
被爆当時の地面を残しています。

kankokujinireihi_0272[1]
韓国人原爆犠牲者慰霊碑
本川橋西詰めにあったものを,平和公園外にあるのは差別ではないかということから,
要望により1999年に平和公園内に移設。
約2万人の朝鮮半島出身者が原爆の犠牲となりました。
なぜ多くの朝鮮半島出身者が原爆の犠牲にならざるをえなかったのか考えさせられます。

kankokujinireihi_0279[1]
慰霊碑のそばには韓国の国花であるムグンファ(ムクゲ)が植えられています。

genbakunoko_0248[1]
原爆の子の像
佐々木禎子さんら原爆で犠牲となった多くの子どもたちの慰霊と,世界平和を呼びかけている。
佐々木禎子さんの同級生たちが全国に募金を呼びかけ,1958年に建立。

aogiri_0252[1]
被爆アオギリ
爆心地から1.3kmの広島逓信局の中庭にあったものを,1973年平和公園内に移植。
原爆の熱線により幹の半分が焼けましたが,翌年芽吹き,希望と勇気を与えました。
先日7月12日に亡くなられた沼田鈴子さん(逓信局で被爆)は,このアオギリの前で被爆証言をされていました。

heiwakinenhi_0259[1]
オノ・ヨーコさん,原爆死没者慰霊碑に献花
7月30日,第8回ヒロシマ賞の受賞のために来広,献花されたもの。
10月16日まで,広島市現代美術館「オノ・ヨーコ展」が開催されます。
7月31日の朝日新聞に作品が紹介されていましたが,ミュージシャンと思っていましたが,芸術家だったんですね。