1月, 2021 Archives

クリスマスツリー星雲&馬頭星雲

1月 19th, 2021 Permalink

年が明けても,寒気が続き,雲の多い天気でしたが,久々雲が少なかったので撮影しました。 馬頭星雲を狙ったのですが […]

年が明けても,寒気が続き,雲の多い天気でしたが,久々雲が少なかったので撮影しました。
馬頭星雲を狙ったのですが,クリスマスツリー星雲(燃える木)の方が目立ちます。
久しぶりの撮影で,準備に手間取り,薄雲もあってオートガイドも安定せず,失敗の連続でダメダメの画像になってしまいました。
近日中にリベンジしたいと思っています。

 


《撮影データ》
2021,1.17
R200SS+コマコレPH+D750(HKIR) SX2赤道儀追尾撮影 ISO1250 65秒×22コマの加算平均コンポジット 周囲の一部をトリミング

雪の京都大原③(過去分)~勝林院~

1月 3rd, 2021 Permalink

最終章は,勝林院です。 勝林院は,三千院と宝泉院のあいだにあり,1013年に創建された天台宗の寺院です。 当日 […]

最終章は,勝林院です。
勝林院は,三千院と宝泉院のあいだにあり,1013年に創建された天台宗の寺院です。

当日は,雪が降ったり止んだりで,この時は吹雪状態でした。

先日12月29日,NHKテレビの「歴史発掘ミステリー」で勝林院が紹介され,「蔵」にある仏像,絵画,古文書など1800点あまりを15名の専門家が調査,その中から足利義満の肖像画浅井長政の領地の安堵状などが発見されました。
足利義満(室町幕府第3代将軍)は,1406年,天皇家の法事が宮中で行われた際,僧侶4人を伴い,武士として初めて「声明」を唱えました。

戦国時代,京都大原~比叡山一帯は地政上に重要な地で,反信長勢力の浅井長政が出した領地の安堵状はどのような意味があったのでしょうか。
織田信長は,1568年,足利義昭を奉じて上洛しますが,1570年には「反信長包囲網(浅井長政,朝倉義景,延暦寺,石山本願寺など)が結成されます。
京都を包囲される形で,信長は窮地に立たされていたものと思われます。浅井長政は北近江の戦国大名ですから大原~比叡山一帯は両者のせめぎ合いの地であったということでしょうか。

※補足:石山本願寺について
 石山本願寺は,信長に矢銭(戦費)や寺の明け渡しを要求されたため,一向宗の門徒とともに10年にわたって信長に抵抗したが,1580年に降伏。寺を退去直後,堂舎や寺内町は灰燼に帰す。その後,豊臣秀吉が寺の跡地に大坂城を築いたため,石山本願寺は現存しない。

 



勝林院から三千院に向かう道(約15cm?の積雪)

雪の京都大原②(過去分)~宝泉院~

1月 3rd, 2021 Permalink

三千院から少し北に行ったところに,宝泉院(天台宗)があります。 1235年,勝林院の塔頭として創建され,「額縁 […]

三千院から少し北に行ったところに,宝泉院(天台宗)があります。
1235年,勝林院の塔頭として創建され,「額縁庭園」として有名です。
庭には,樹齢700年の五葉の松があり,存在感があります。

雪と松,天井のコントラストがたまりません。

 




雪の京都大原①(過去分)~三千院~

1月 2nd, 2021 Permalink

最近,テレビを見ていると京都の雪景色がよく出てきます。 数年前,所用で京都に行ったとき,ちょうど雪が降ったので […]

最近,テレビを見ていると京都の雪景色がよく出てきます。
数年前,所用で京都に行ったとき,ちょうど雪が降ったので大原に行きました。
テレビを見ながらなつかしくなって写真を見直しました。
まずは,三千院です。

 




2021 あけましておめでとうございます!

1月 1st, 2021 Permalink

新年、あけましておめでとうございます。   昨年は、昼間あまり出歩くことができず、夜間の天体写真も天 […]

新年、あけましておめでとうございます。

 


昨年は、昼間あまり出歩くことができず、夜間の天体写真も天候不順で思うように撮ることができませんでした。
今年も同じような状況が続きそうですが、数少ないチャンスを狙って天体写真、自然写真などを撮影していきたいと思います。

 

【2021年のおもな天文現象】
  1/3~1/4 しぶんぎ座流星群
  4/22 こと座流星群
  5/26 皆既月食(スーパームーン)
  8/12~8/13 ペルセウス座流星群
  11/19 部分月食(ほぼ皆既月食)
  12/14 ふたご座流星群

   5/26のスーパームーンの皆既月食を是非撮ってみたいですね。