M51「子持ち銀河」

4月 19th, 2020 Permalink

撮影当日は,光害の影響が少ない北天の星雲をおもに狙いました。 前回投稿記事のM101(回転花火銀河),今回のM51(子持ち銀河)がそうです。 M51(8.1等級)は,りょうけん座にある渦巻銀河です(北斗七星の柄の先付近) […]

撮影当日は,光害の影響が少ない北天の星雲をおもに狙いました。
前回投稿記事のM101(回転花火銀河),今回のM51(子持ち銀河)がそうです。
M51(8.1等級)は,りょうけん座にある渦巻銀河です(北斗七星の柄の先付近)。
すぐそばに伴銀河(NGC5195)があることから「子持ち銀河」と呼ばれています。

4月14日には,パンスターズ彗星M64(黒目銀河)マルカニアン・チェーンM101(回転花火銀河)M51(子持ち銀河)の5天体を撮影し,順次画像をアップロードしてきました。
使い慣れないCMOSカメラの特性を知り,オートガイドを成功させるという目標を達成することができました。
今回は,1天体あたり20コマ程度しか撮影できなかったので,今後は最低でも40コマ以上撮影し,画質をアップしていきたい思っています。

 

【元画像】

《撮影データ》
2020,4.14

R200SS+コマコレPH+ASI294MC(1520mm相当) SX2赤道儀追尾撮影 GAIN:432 30秒×20コマの加算平均コンポジット(ダーク補正 フラット補正あり) ノートリミング


【拡大画像】

Leave a Reply