金曜日, 11月 20th, 2015 Archives

菩提寺の大イチョウ(1/5)

11月 20th, 2015 Permalink

モミジやカエデの紅葉は見頃を過ぎましたが,イチョウの紅葉があることを知り,菩提寺(岡山県勝田郡奈義町)に出かけました。 菩提寺は浄土宗知恩院派の寺院で,浄土宗の開祖・法然上人が修行をした寺として知られています。 那岐山の […]

モミジやカエデの紅葉は見頃を過ぎましたが,イチョウの紅葉があることを知り,菩提寺(岡山県勝田郡奈義町)に出かけました。
菩提寺は浄土宗知恩院派の寺院で,浄土宗の開祖・法然上人が修行をした寺として知られています。
那岐山の中腹(標高600m)にあり,室町時代に兵火にあい,本堂のみ現存しています。
境内には樹齢900年を超える大イチョウ(樹高45m,幹周り12m)があり,国の天然記念物に指定されています。
法然上人が幼少の頃,菩提寺に修行に向かう途中,麓にあったイチョウの枝を持ち込み,挿したものといわれています。
幹が幾本にも分かれ,鍾乳石のような乳垂れ状の枝も伸びていて迫力を感じます。

 

DSC_0185[1]

DSC_0178[1]

DSC_0164[1]

DSC_0213[1]
【撮影日】2015,11.20