11月, 2014 Archives

2014京都紅葉めぐり~宝筐院①

11月 30th, 2014 Permalink

等持院の次に訪れたのが,嵯峨野にある宝筐院です。 宝筐院は,平安時代に白河天皇によって建立され,室町幕府の二代将軍足利義詮の菩提寺でもあります。 こぢんまりとした寺院ですが,モミジの密集度は高いです。   &n […]

等持院の次に訪れたのが,嵯峨野にある宝筐院です。
宝筐院は,平安時代に白河天皇によって建立され,室町幕府の二代将軍足利義詮の菩提寺でもあります。
こぢんまりとした寺院ですが,モミジの密集度は高いです。

 

DSC_0212[1]

 

DSC_0252[1]

 

DSC_0221[1]

 

DSC_0228[1]

 

DSC_0227[1]

 

DSC_0232[1]

2014京都紅葉めぐり~等持院②

11月 29th, 2014 Permalink

等持院のモミジの見所は心字池周辺でしょうか。 池の水面に映ったモミジがきれいです。  心字池とモミジ          

等持院のモミジの見所は心字池周辺でしょうか。
池の水面に映ったモミジがきれいです。

 DSC_0141[1]心字池とモミジ

 

DSC_0149[1]

 

DSC_0054[1]

 

DSC_0117[1]

 

DSC_0136[1]

 

DSC_0181[1]

2014京都紅葉めぐり~等持院①

11月 28th, 2014 Permalink

今年最後の3連休を利用して京都へ。 今年は,2,3日目に大学時代のクラブの同窓会が東京であるため,京都での紅葉の撮影は1日ちょと。 仕事が多忙なため,事前のリサーチが十分できませんでしたが,直前にネットで調べる限り,昨年 […]

今年最後の3連休を利用して京都へ。
今年は,2,3日目に大学時代のクラブの同窓会が東京であるため,京都での紅葉の撮影は1日ちょと。
仕事が多忙なため,事前のリサーチが十分できませんでしたが,直前にネットで調べる限り,昨年より紅葉の時期が早く,ほとんどのところが見頃になっていました。
案の定,見頃~見頃やや過ぎという状態でした。
この時季,有名どころは人出が多く,じっくり撮影できないので,穴場的なポイントに行くことにしており,1日目は,等持院宝筐院金福寺金戒光明寺(ライトアップ)に行きました。
初回は,等持院で足利将軍家歴代の菩提所で,足利尊氏の墓所もあります。

 

DSC_0009[1]

 

DSC_0017[1]

 方丈庭園のモミジ 

 

DSC_0020[1]

 

DSC_0032[1]

 

DSC_0082[1]
清漣亭(茶室)とモミジ

 

 

雲海と備中松山城(2/3)

11月 17th, 2014 Permalink

前回の投稿記事は日の出前の写真ですが,今回の記事は日の出直後の写真です。 日の出前と日の出後では印象がずいぶん違います。 日の出後は紅葉がより鮮やかに見えます。        

前回の投稿記事は日の出前の写真ですが,今回の記事は日の出直後の写真です。
日の出前と日の出後では印象がずいぶん違います。
日の出後は紅葉がより鮮やかに見えます。

 

20141116_0108[1]

 

20141116_0086[1]

 

20141116_0099[1]

 

20141116_0073[1]

雲海と備中松山城(1/3)

11月 16th, 2014 Permalink

雲海の時期になっているのではないかと思い,岡山県の高梁市へ。 9時までには帰宅しなければならなかったので,弥高山か高梁市(備中松山城)か思案し,初めての高梁市に行くことにいました。 以前,下見をしていたので道順はわかって […]

雲海の時期になっているのではないかと思い,岡山県の高梁市へ。
9時までには帰宅しなければならなかったので,弥高山か高梁市(備中松山城)か思案し,初めての高梁市に行くことにいました。
以前,下見をしていたので道順はわかっていたのですが,現地に到着してみると,車が数十台。
すでに展望台は満席状態だったので,しかたなく展望台の下の斜面から撮影しました。
生憎,雲海は薄めだったので期待外れでしたが,紅葉に染まる備中松山城を写せたことが救いでした。

 

D2014116_0022[1]

 

20141116_0019[1]

 

20141116_0039[1]

 

20141116_0049[1]

紅葉見頃(面河渓⑥)~関門付近ほか

11月 11th, 2014 Permalink

面河渓の紅葉の最終回は,関門付近ほかです。 面河山岳博物館から面河川沿いに遊歩道を遡り,最終点を折り返し,再び関門付近へ。 昼過ぎになっていたので朝の光線とは違い,とくに川に光線が差し込み,とてもきれいです。 河床の石が […]

面河渓の紅葉の最終回は,関門付近ほかです。
面河山岳博物館から面河川沿いに遊歩道を遡り,最終点を折り返し,再び関門付近へ。
昼過ぎになっていたので朝の光線とは違い,とくに川に光線が差し込み,とてもきれいです。
河床の石が青っぽいのでブルーとグリーンの中間のような色で,「仁淀川ブルー」と言われているものです。
月末には京都の紅葉を狙いたいと思います。

 

omogo_0374[1]

 

omogo_0223[1]

 

 

omogo_0318[1]