5月, 2012 Archives

うだつの町並み・脇町(3/3)

5月 30th, 2012 Permalink

うだつのあがる町並み・脇町の最終回は,「オデオン座」です。 「オデオン座」は,うだつの町並みを東に行き,川を渡った対岸にあります。 1934(昭和9)年に芝居小屋として建てられ,歌舞伎などが催され,戦後は映画館として娯楽 […]

うだつのあがる町並み・脇町の最終回は,「オデオン座」です。
「オデオン座」は,うだつの町並みを東に行き,川を渡った対岸にあります。
1934(昭和9)年に芝居小屋として建てられ,歌舞伎などが催され,戦後は映画館として娯楽の場として親しまれてきました。
老朽化で取り壊される予定でしたが,映画「虹をつかむ男」(山田洋次監督,西田敏行主演)の舞台となったことがきっかけで,修復されました。

wakimachi_0220[1]
脇町劇場「オデオン座」

wakimachi_0224[1]

wakimachi_0241[1]
オデオン座の内部
1階には花道・うずら桟敷,2階には大向があります。

wakimachi_0229[1]
オデオン座の舞台
まわり舞台があり,地下には奈落があります。

wakimachi_0313[1]
道の駅「藍蔵」のヤマボウシ
緑の葉に純白の花がめだちます。

撮影日:2012,5.21

うだつの町並み・脇町(2/3)

5月 30th, 2012 Permalink

 うだつの町並み・脇町の第2回目は,通りの東側を紹介します。 道の駅・藍蔵から町並み通りに向かっていくと,通りのほぼ中央に吉田家があります。 見学は有料になっています。藍の商いで財を成し,母屋・藍蔵など,とても立派なつく […]

 うだつの町並み・脇町の第2回目は,通りの東側を紹介します。
道の駅・藍蔵から町並み通りに向かっていくと,通りのほぼ中央に吉田家があります。
見学は有料になっています。藍の商いで財を成し,母屋・藍蔵など,とても立派なつくりです。

wakimachi_0253[1]吉田家の中庭

wakimachi_0262[1]
鶴をかたどった欄間

wakimachi_0265[1]
吉田家の庭

wakimachi_0185[1]
油問屋の鬼瓦
1915~1916(大正5)年の築

wakimachi_0318[1] 西側の「うん」の鬼瓦(油問屋)

wakimachi_0322[1] 東側の「あ」の鬼瓦(油問屋)
東西を合わせて「あうん」となります。

wakimachi_0202[1]
薬種商「うちだ屋」と絹糸商「ヤマキチ」のうだつ
明治時代の築

wakimachi_0215[1]
呉服商「大一」と荒物屋「大万」のうだつ
江戸時代末期と明治時代の築

うだつの町並み・脇町(1/3)

5月 28th, 2012 Permalink

 金環日食の撮影後,引田を散策し,そのあと徳島県の脇町(美馬市)を訪れました。 脇町は,江戸時代に藍の商いで栄え,「うだつ」のあがる街として有名です。 「うだつ」は,防火の役目もありますが,江戸時代には裕福な商家が競って […]

 金環日食の撮影後,引田を散策し,そのあと徳島県の脇町(美馬市)を訪れました。
脇町は,江戸時代に藍の商いで栄え,「うだつ」のあがる街として有名です。
「うだつ」は,防火の役目もありますが,江戸時代には裕福な商家が競って,「うだつ」のあがる立派な家を造りました。
現在も江戸時代の風情をそこここに残しています。
初回は,通りの西側を中心に紹介します。

wakimachi_0308[1]吉田家住宅付近から西側の通りをのぞむ

wakimachi_0268[1]ボンカレーの看板が懐かしい

wakimachi_0292[1]
平田屋(もと旅籠)
 江戸,明治,大正時代の「うだつ」のあがる住宅が並び建っています。

wakimachi_0296[1]
新丹波屋
 「起り屋根」が立派です。

wakimachi_0293[1]
新丹波屋(味噌・醤油製造卸)
1872(明治5)年築

風の港・引田

5月 27th, 2012 Permalink

 金環日食を撮影後,せっかくなので古い町並みが残る引田の町(香川県東かがわ市)を散策しました。  引田は,香川県の東端に位置し,古代より陸上・海上交通の拠点として栄えた港町です。  街中には,古い商家や町家が残っており, […]

 金環日食を撮影後,せっかくなので古い町並みが残る引田の町(香川県東かがわ市)を散策しました。
 引田は,香川県の東端に位置し,古代より陸上・海上交通の拠点として栄えた港町です。
 街中には,古い商家や町家が残っており,歴史を感じさせる落ち着いた町です。
讃州井筒屋敷を拠点に,松村家日下家旧引田郵便局などをめぐりました。

idutsuyashiki_01[1] 
讃州井筒屋敷
 江戸時代の創業の醤油・清酒醸造で栄えた井筒屋(佐野家)の屋敷。現在は,手作り体験や物産の販売店として
も活用されています。

idutsuyashiki_02[1] 
ホルトノキの大木(樹齢約200年)
 井筒屋の敷地内にあります。

kusakake[1] 
日下家
 旧庄屋屋敷。

matumurake[1] 
松村家
 漢方薬の調合・販売を行っていた商家。

hiketa-roji[1]港をのぞむ細い路地

hiketa post_01[1] 
モダンな旧引田郵便局
 現在はカフェとして活用されています。

hiketa post_02[1] 
とても凝ったマーク

hikete-dog[1]民家の玄関にいた犬
 まったく身動きしませんでした。本物なのでしょうか?
 次回は,徳島県の脇町を紹介します。

撮影日:2012,5.21

世紀の天体ショー・金環日食

5月 21st, 2012 Permalink

 金環日食は滅多に見られないと,早くから準備を進めてきて,初めて金環日食を撮影することができました。  当初,高知に行く予定にしていましたが,天気予報で雲&雨マークが出ていたので,晴れ間が期待でき,金環食が撮影できる,香 […]

 金環日食は滅多に見られないと,早くから準備を進めてきて,初めて金環日食を撮影することができました。
 当初,高知に行く予定にしていましたが,天気予報で雲&雨マークが出ていたので,晴れ間が期待でき,金環食が撮影できる,香川県東かがわ市に行くことにしました。
 前夜入市し,場所を選定。引田港から撮影することにしました。
 今朝6時頃,撮影ポイントに入った時点では雲が覆っていました。雲がとぎれ,何とか撮影できるようになったのは7時頃でした。時々,雲に隠れたりしましたが,何とか金環食を撮影することができました。
 クライマックスの金環食の時も少し薄雲がかかっていたのが,少し残念です。
 次の天体ショーは,金星の太陽面通過(6月6日),金星食(8月14日)があり,ぜひ撮ってみたいと思います。 

kinkansyoku_0030[1]  7:14;39

kinkansyoku_0062[1] 7:31;38

kinkansyoku_0068[1] 7:34;02

kinkansyoku_0074[1] 7:35;58

kinkansyoku_0085[1] 7:50;07

kinkansyoku_0097[1]7:58;25

kinkansyolu_0103[1] 8:15;36

撮影機材:Nikon D5000(1050mm相当) トリミングあり

日食撮影シミュレーション

5月 13th, 2012 Permalink

金環日食を1週間後に控え,撮影シミュレーションを行いました。 日食を撮影するために,「アストロソーラー」(Badder社製,20×29cm,2,800円)という太陽フィルターを購入し,望遠レンズ用のフィルターを作成しまし […]

金環日食を1週間後に控え,撮影シミュレーションを行いました。
日食を撮影するために,「アストロソーラー」(Badder社製,20×29cm,2,800円)という太陽フィルターを購入し,望遠レンズ用のフィルターを作成しました。
アストロソーラーは薄い銀色のシートで,黒い厚紙(100円ショップで購入)を切って枠を作り,両面テープでフィルターを貼り付けて作成しました。
作り方は,HP(http://takubons.naturum.ne.jp/e767068.html)を参考にしました。
今朝は,少し薄雲がかかっていた感じですが,露出時間と絞りのめやすをつかむことができました。
フィルターの特製か,少し赤みがかっていますが,黒点がよくわかります。
あとは当日の天気が晴れることを願うばかりです。当日までに撮影ポイントを決めたいと思います。


D5000(1,050mm相当) ISO200  1/250秒  F11

 D5000(1,050mm相当)  ISO200  1/125秒  F10
撮影日:2012,5.13