8月, 2011 Archives

飛騨古川

8月 31st, 2011 Permalink

 毎年夏には,有志数人で大人の社会見学と自然観察を兼ねて出かけています。  今年は,飛騨古川と乗鞍岳に行きました。3回に分けて記事を紹介したいと思います。 第1回目は飛騨古川です。  飛騨古川(岐阜県飛騨市)は,高山市か […]

 毎年夏には,有志数人で大人の社会見学と自然観察を兼ねて出かけています。
 今年は,飛騨古川乗鞍岳に行きました。3回に分けて記事を紹介したいと思います。 第1回目は飛騨古川です。
 飛騨古川(岐阜県飛騨市)は,高山市から北へ車で30分ほど行ったところにある古い町並みが残る街です。
 戦国時代,豊臣秀吉の命をうけた金森長近が飛騨地方を統一,二代目の可重は,1589年,増島城を築き,城下町づくりを行いました。高山と同じような町づくりを奨励したため,高山の町並みと似ています。高山の街ほど大きくないので,私には鳥取県の倉吉の町並みに近い印象です。
 
 明治以降,このあたり一帯の農家の娘は,古川の街中を通り,野麦峠を越えて信州の製糸工場に働きに行きました。12月末に帰省すると,着飾ってお寺にお参りしたそうです。映画「ああ野麦峠」を思い出します。
 高山ほど観光客が多くないので,落ち着いて散策することができます。 郷土料理・飛騨牛・そば・モナカサンドアイス・地酒など,グルメもいろいろ味わえます。モナカサンドアイスは少し堅かったですが,うまかったです。

furukawa_0836[1]  
瀬戸川
約400年前,増島城の堀の水を利用し,新田開発のためにつくられました。
瀬戸川筋には古い白壁の土蔵が残っています。

furukawa_0822[1]  
瀬戸川と鯉
1000匹余りの鯉が放流され,元気に泳ぎまわっています。

furukawa_0834[1]  歌人・金子兜太の句碑

furukawa_0842[1]  渡辺酒造店(蓬莱)
創業1870(明治3)年の老舗造り酒屋。暖簾をくぐると,さまざまな種類のお酒が並べられていました。大吟醸を買ってしまいました。

furukawa_0844[1]  酒林(渡辺酒造店)
杉の葉を束ねたもの。新酒ができた目印で,11月下旬に取り替えられます。

furukawa_0818[1] 
和ろうそくづくり(三嶋和ろうそく店)

江戸中期から続く,和ろうそく店。7代目が受けつぐ。流暢にわかりやすく説明をされていました。NHK連ドラ「さくら」の主人公・さくらの下宿先のモデルになったお店です。
 

松江フォーゲルパーク(その2)

8月 22nd, 2011 Permalink

 松江フォーゲルパークには,ベゴニアのあるセンターハウスのほか,水鳥温室,熱帯鳥温室,ふれあい温室などがあり,ふれあい温室ではオオハシやエボシドリなどめずらしい鳥と触れ合うことができます。          

 松江フォーゲルパークには,ベゴニアのあるセンターハウスのほか,水鳥温室,熱帯鳥温室,ふれあい温室などがあり,ふれあい温室ではオオハシやエボシドリなどめずらしい鳥と触れ合うことができます。

vogel_0666[1] 

vogel_0668[1] 

vogel_0736[1] 

vogel_0741[1] 

vogel_0740[2] 

vogel_0731[1]

松江フォーゲルパーク(その1)

8月 20th, 2011 Permalink

 盆休みを利用して松江フォーゲルパークに行ってきました。  数千種類のベゴニアが年じゅう咲き誇り,珍しい鳥もいます。  暑さが避けられる場所なのでゆっくり見て回りました。  「フクロウの飛行ショー」や「ペンギンの散歩」な […]

 盆休みを利用して松江フォーゲルパークに行ってきました。
 数千種類のベゴニアが年じゅう咲き誇り,珍しい鳥もいます。
 暑さが避けられる場所なのでゆっくり見て回りました。
 「フクロウの飛行ショー」や「ペンギンの散歩」なども行われていますが,残念ながら時間の都合で「ペンギンの散歩」は見ることができませんでした。

vogel_0632[1]  お辞儀をするメンフクロウ
観客の頭上すれすれを飛行するのでスリル満点です。終わったあと,お辞儀をしています。

vogel_0639[2] 
精悍な顔つきのベンガルワシミミズク
飛行ショーが終わっても鋭いまなざしです。

vogel_0735[1] 

vogel_0678[1] 
バレリーナのよう?

vogel_0689[1] 

vogel_0673[1] 

vogel_0671[1]

白山に行きたい(その2)

8月 16th, 2011 Permalink

 3日目の朝,日の出を撮影した後,翠ヶ池周辺に咲くチングルマやイワギキョウなどを撮り,山小屋に戻りました。  途中,コバイケイソウやクロユリを撮ることができました。  帰りは,北アルプスの眺望がいい展望歩道を帰ることにし […]

 3日目の朝,日の出を撮影した後,翠ヶ池周辺に咲くチングルマイワギキョウなどを撮り,山小屋に戻りました。
 途中,コバイケイソウクロユリを撮ることができました。
 帰りは,北アルプスの眺望がいい展望歩道を帰ることにしました。
 2100m付近まで降りると,白山山頂から噴出した溶岩流でできた,南竜ヶ馬場という平坦地があります。ここから南竜ヶ馬場分岐を経由して下山しました。 
 白山の全体地図を「白山に行きたい」(その1)に掲載しました。
 
hakusan_0006[1]  チングルマ(翠ヶ池付近)

hakusan_0020[1]  チングルマの実(翠ヶ池付近)

hakusan_0024[1]  小さくて可憐なイワギキョウ(翠ヶ池付近)

hakusan_0054[1]  コバイケイソウ(千蛇ヶ池雪渓下部付近)

kuroyuri_066[1]  やっと見つけたクロユリ(水屋尻雪渓付近)
時季は過ぎていたのであきらめていましたが,登山道脇で見つけることができました。

hakusan_0096[1]  アルプス展望台を少し下ったところから南を望むと,別山(2399m)と南竜ヶ馬場を眺めることができます。

hakusan_0004[1]  登山道脇に咲くミヤマリンドウ(南竜ヶ馬場付近)
 別当出合に無事着き,バスで市ノ瀬まで移動。1日目に泊まった永井旅館(白山温泉)の温泉に浸かり,体を癒やし,帰路につきました。
 

白山に行きたい(その1)

8月 14th, 2011 Permalink

 こう暑い日が続くと,涼しいところが恋しくなります。今のところそんな場所に行く予定がないので写真を見ながら涼しさを少しでも感じたいと思います。  ということで一昨年初めて登った白山の写真をアップロードします。  白山は, […]

 こう暑い日が続くと,涼しいところが恋しくなります。今のところそんな場所に行く予定がないので写真を見ながら涼しさを少しでも感じたいと思います。
 ということで一昨年初めて登った白山の写真をアップロードします。
 白山は,変化に富む火山地形と高山植物が魅力であり,多くの登山客が訪れます。
 登ったのはお盆だったので夏の花は終わりかけ,秋の花に変わりつつある時季でした。残念ながらクロユリはほとんど見ることはできませんでした。 もう少し早い時期に来てみたと思います。
 しかし,5時間あまりの登山の経験は初めてできつかったです。
 
 驚いたのは,山小屋で偶然知り合い2人に会ったことです。何度か来ていたようなので,山談義・花談義をしながら撮影ポイントの情報を得ることができました。
《白山全体地図》
 
map_hakusan[1]
 白山は,石川県と岐阜県の県境にあり,古くから信仰の対象とされ,「霊峰白山」と呼ばれています。室堂平には白山奥宮(祈祷殿)という神社もあります。北東方向には世界遺産の白川郷が間近です。
 登山口の別当出合から最高峰の御前峰までの距離は約7.5km,標高差は約1450mあります。

hakusan_0023[1]  南竜道分岐付近のお花畑(標高2100m)

hakusan_0021[1]  怪しげな色合いのトリカブト。白山はトリカブトが多いなあという印象です。

hakusan_0025[1]  白山の固有種であるハクサンフウロ。トリカブトと並んで多いのがハクサンフウロです(弥陀ヶ原:標高2300m)。

hakusan_0035[1]  室堂平のお花畑から白山最高峰の御前峰(2702m)を望む

hakusan_0038[1]  ヨツバシオガマ(室堂平)

hakusan_0056[1]  千蛇ヶ池の雪渓(2650m)
2日目の朝,日の出を撮りに行く途中,雪渓に出くわしました。日の出前の雪渓は青白く輝いていました。
頂上部付近には火口湖や火砕流堆積物など,特徴的な火山地形が見られます。火口湖や窪地にはあちこち雪渓が残っています。

hakusan_0079[1]  翠ヶ池から見る日の出
前日,知り合いから聞いた日の出撮影スポットです。
北アルプス連峰から上がる日の出を見るのは最高でした。少し右には先が尖った槍ヶ岳が見えます。

8月6日 灯籠流し

8月 7th, 2011 Permalink

8月6日、広島は66回目の「原爆の日」を迎えました。 平和記念式では、平和宣言や首相あいさつで「エネルギー政策の見直し」、「原子力の安全神話の反省」に言及しました。 福島の原発事故は「核と人類は共存できない」ことを改めて […]

8月6日、広島は66回目の「原爆の日」を迎えました。
平和記念式では、平和宣言や首相あいさつで「エネルギー政策の見直し」、「原子力の安全神話の反省」に言及しました。
福島の原発事故は「核と人類は共存できない」ことを改めて明らかにしました。
8月6日の夜は原爆ドームの対岸で灯籠流しが行われるので行ってみました。
静かな中で行われるものだと思っていましたが、元安川の両岸は二重、三重の人垣ができ、ごった返していました。
今年は約8000個の灯籠が流されました。

tourounagashi_0579[1]

tourounagashi_0571[1]

tourounagashi_0519[1]
被爆者だったおじいちゃんが亡くなられたのでしょうか?

tourounagashi_0537[1]   灯籠は販売もされていますが、手作りのものもあります。中には仏像を描いたものもありました。
広島市は、試験的に「原爆の子の像」などに捧げられた折り鶴を再生して灯籠をつくりました。灯籠の一部に使われています。

tourounagashi_0586[1]

tourounagashi_0587[1]
風の影響でしょうか? 川岸に灯籠が寄り、かたまっていました。

ireihikenka_0598[1]
灯籠流しを見た後、夜の平和公園に寄ってみました。
原爆死没者慰霊碑の前には長蛇の列ができ、多くの方が参拝されていました。
今年、新たに5785人が亡くなられ、名簿が収められました。

peacecandle_0614[1]
帰りに原爆ドームに寄ってみると、ピースキャンドルが行われていました。
子どもたちが牛乳パックに蝋を流しこんで作ったキャンドルが原爆ドームの周囲に並べられていました。
一つひとつに平和のメッセージが書きこまれていました。

genbakudomu_0621[1]
ドームを見上げてみると、ちょうど月が出ていました。
核兵器が廃絶された時に見る満月は格別なのでしょうが…。
まもなく長崎も66回目の「原爆の日」を迎えます。